歯科診療室  本文へジャンプ
診療内容
      
むし歯のページへ
ホワイトニングのページへ
歯周病のページへ
インプラントのページへ
麻酔のページへ
    
メール相談
オンライン予約
携帯予約
mail送信
    
秀心会TOPへ
    
歯並びを良くしたい矯正のページ


現代人のあごは確実に小さくなっています。縄文・弥生時代の頭蓋骨を見ると、実に頑丈で立派なあごをしています。そればかりかむし歯も殆んど見られません。しかし、人類が火を使い「物を柔らかくして食べる」事を覚えた事から、徐々にあごは細く小さくなっていったのだそうです。
現在では柔らかいものが多くなり、噛むことをしなくても栄養が取れるようになってしまった為、更にあごが細く退化したのです。しかしながら不思議な事に、歯の大きさは殆んど変わっていません。
その結果古代人に比べて現代人のお口の中がどのように変化したかわかりますか?
そう。全部の歯があごの中にきちんと並びきれずにはみ出して、歯ならびに異常を起こしているのです。歯並びが悪く上下の歯がきちんとかみ合っていないと、次のような症状が起こります。
・きちんと食べ物がかみ砕けなかい。
・発音がうまくできない。
・歯みがきがうまくできず、むし歯ができる。
・顎関節に異常がおこり、ゆくゆくは顎関節症になってしまう                  
などです。

こうなる前に歯並びを直し、歯科疾患のリスクを抑えようというのが歯列矯正です。


歯列矯正を必要とする歯並びとは?
乱ぐい歯 あごが小さい為に歯が生える場所が無く、歯並びがデコボコしている状態。骨には異常なく、歯の生え方だけに異常がある場合です。これがひどくなると歯が歯列からはみ出して犬歯のような八重歯となります。このような噛み合わせが日本人には一番多いと言われています。
受け口 下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせをいいます。上下の歯だけが反対の噛み合わせで起こる場合と、下あごの骨が長すぎる為に上下のあごや噛み合わせにズレが生じる場合(下顎前突)とがあります。
出っ歯 別名上顎前突といって、受け口と同じく歯だけに異常がある(上あごの前歯が前方に出ている)ケースと、骨の異常からくるケースの2通りあります。日本人には歯の異常からくる症状が多いようです。
開咬 上下の歯でしっかり噛み合わせても前歯や側面の歯が噛み合わず、すき間が空いて舌などが見える状態をいいます。大臼歯(奥歯)だけ噛んで後は全く噛めていないというケースもあります。

いつから矯正を行うのが望ましいの?
乱ぐい歯 一般的には、第2大臼歯(7番)以外の永久歯が生え揃う小学校高学年頃から行うのが望ましい。
受け口 遺伝的傾向の有無にもよりますが、骨の形成をも考慮して、遅くとも小学校1年生頃から開始するのが良いでしょう。
出っ歯 日本人の場合、骨の異常で起こる場合は少ないので、乱ぐい歯と同じく小学校高学年頃から行うと良いでしょう。
開咬 舌突き出し癖など悪習癖によって起こる事が多いので、一般に、開咬傾向がわかった時点ですぐに治療を開始するのが良いでしょう。


治療期間はどれくらい?(あくまでも個人的な数値であり、個人差があります)
乱ぐい歯 2〜3年くらい
受け口 骨の異常が原因の場合:5〜8年、場合によっては10年程かかる事も。
歯の異常が原因の場合:2〜3年くらい
出っ歯 骨の異常が原因の場合:4〜5年くらい
歯の異常が原因の場合:2〜3年くらい
開咬 骨の異常が原因の場合:4〜5年くらい
歯の異常が原因の場合:1〜2年くらい
※矯正治療が終わっても、約1年くらいは”後戻り装置”を口の中に入れておかなければなりません。


矯正中の注意
矯正治療中、口の中に装置が複雑に入っていますので、歯垢の付着や、食べ物の停滞をきたし易く、むし歯や歯肉炎を起こしやすくなります。期間中は念入りに歯の手入れを行いましょう。
また、フッ素洗口(フッ素のぶくぶくうがい)やシーラントなどの予防処置を行うと共に歯科医院で歯科衛生士にブラッシング指導や矯正期間中のブレスとの付き合い方の指導を受けましょう。